愛的アルファスパイダー

アルファロメオ・スパイダー&フェラーリDino246GTを駆る女ドライバー「愛ちゃん♪」のクルマ生活を密着レポート!!ってオイ!オイ!!(笑)☆頑張って毎日更新中~!☆ http://alfa1225.jpn.ch

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-) |
20091114_1.jpg
これぞアルファロメオの芸術作品だわ・・・。
溜め息が出るほど美しい・・・。


『8C Competizione』。
(8Cコンペティツィオーネ)
20091114_2.jpg
今回、遊びに来てくれた8Cは、
あまり雑誌でも見かけない珍しい黒!

3層マイカフィニッシュということで、
ブラックは+46万円のオプションカラー(笑)

20091114_3.jpg
ATR社製のカーボンが多用されていて高級感アリアリ。
スイッチ類の多さにもビックリです。
シャシーは鉄鋼製らしいけど、
ボディは全てカーボンファイバー製

20091114_4.jpg
近くでよ~く見てみると、
カーボンだということが目で確認することが出来る。


一番ビックリしたのが、
このサイドダクトの所にある定番のクアドリフォリオ!
愛が白スパに貼っている四葉ステッカーとは違いますよ(笑)
塗装に埋め込まれているというか、塗装なのかな?
オプションで10万円って・・・(汗)

スゴイ、凄すぎる・・・(汗)
20091114_5.jpg
インテリアは基本的にカーボン、アルミ、レザー!
ペダルとパドルは最初からアルミ。

オートエアコン、パワーウィンドウ、クルーズコントロール、
アジャスタブルステアリングコラム、電子制御式のサイドブレーキ、
エアバッグなどは標準で装備しているんだけど、
シートのリクライニングと前後スライドはなぜか手動式(笑)

まぁ、軽量化のためには仕方がないのかな・・・。
ちなみにシートフレームはカーボン製で、
レザーはポルトロナ・フラウ社製。
20091114_6.jpg
そして極めつけは、このちっちゃなトランク!(上写真)
これには笑ってしまいました。

ゴルフに行くのは難しそう・・・(笑)
オプションのスケドーニ製の8C専用鞄なら
すっぽり収まるらしいけど。

20091114_7.jpg
こんな凄いアルファロメオに乗って
一人桐生市内をドライブしに出掛けました。


コックピットは結構フェラーリの599と共通な点があって、
エンジンのスタート方式も共通

ただ、599は始動と同時にオートモードに入るが、
8Cはスイッチを押さない限りスポーツモード。
パドルの大きさもほぼ一緒。レスポンスもかなり早い。


エンジンは4.7リッターV8の450馬力。
エキゾーストサウンドは、なんて表現したらいいのか。
アクセルを踏み込みたくなるような
なんともアルファらしい官能的で太い豪快な音。(笑)


乗り心地はフェラーリに比べると少々荒々しい感じはするけど、
この「じゃじゃ馬的」な感じが
アルファに乗ってる~!って感じがしてやけに心地良い。(笑)



みなさんちゃんと応援してね!!
白スパちゃん&ディーノ君を、1日1回「ポチッ!」と押してね♪
みなさんのチカラを貸してちょうだいな♪ぜひぜひあなたの貴重な一票を・・・♪


トップページへGO!
スポンサーサイト
20090819_1.jpg
ポルシェのことって、あんまり詳しくないんだけど、
ちょっと試乗する機会があったので、
ドライブさせていただきました。


ポルシェ『911カレラ』。(997)

GT2のアルカンターラとは違い、
こちらは内装が全体的にスムースレザー仕様
シートもサポート性の高い、電動で快適仕様
走行性能重視というより快適性重視って感じでしょうか。
確かに乗り心地が快適です♪

20090819_2.jpg
「7速PDK」って言うんだと思うけど・・・。
アルファだと「セレスピード」にあたる
セミAT仕様っていうのかな?

20090819_3.jpg
オートマの状態でも走れる楽チン仕様。
レザー製の3本スポークのステアリングには
「シフトスイッチ」が一応付いているものの、
何だかコレは押しにくい。。。(↓写真)
愛が手が小さいせいで扱いにくいのかと思ったら、
意外に多くの人たちも同じように感じているみたい。(笑)

20090819_4.jpg
その他は文句のつけ所がない
トルクもかなりあるし、エンジンは結構静かだし、
ラグジュアリー感もあり
普段乗りにもフツーに使えそうな
RRの素晴らしいスポーツカーだと思いました。



みなさんちゃんと応援してね!!
白スパちゃん&ディーノ君を、1日1回「ポチッ!」と押してね♪
みなさんのチカラを貸してちょうだいな♪ぜひぜひあなたの貴重な一票を・・・♪


トップページへGO!
20090521_1.jpg
納車になったばかりの
『フィアット 500』が遊びに来ました~♪

20090521_2.jpg
FIAT 500
1.2 8V POP
型式:ABA-31212 / ハンドル位置:右
色はソリッドカラーの
ボサノバホワイト

20090521_3.jpg
初代モデルのチンク登場から50年が経った今、
現代版チンクとして昔の形、雰囲気を残しつつ、
ポップでカジュアルなイメージに仕上がっています。


これなら気軽な街乗り車として
イタリアンカジュアルを楽しみながら、
気持ちよく軽快に走ることが出来るんだろうなぁ~。

20090521_5.jpg
ボディサイズもも小回りが利きそうだし、
トランクだってこの通り!
コレだけの容量があれば、
引越しでもしない限り、そんなに困ることはないと思う。
ある意味スパイダーより使い勝手は全然良い!(汗)

20090521_4.jpg
せっかくなので、
ご近所まわりへ試乗に行ってきました♪


「1.2リッターエンジン」の走りってどうなのか気になるところ。
数字を見ただけでは、ちょっと非力な感じがするけど・・・・

ところが、ところが!!
全然問題なし!!(驚)

20090521_6.jpg
高回転での吹け上がりがとっても良いし、
60馬力しかないハズなのに加速も安定性も凄くいい!
愛もスパイダーの前に
VWポロの1.4リッターに乗っていたんだけど、
乗った感じは、それより遥かに上をいってますのぉ~(汗)
話によると燃費も悪くないらしい。

20090521_7.jpg
安全面に関しても、小さいからといって心配することもない。
ABS+EBDやESP、ヒルホールドシステム、FPS(火災防止装置)、
ESS(ハザードランプ緊急制動表示機能)、
運転席・助手席デュアルエアバッグ、
前席サイドエアバッグ、前席ウインドーエアバッグ、
運転席ニーエアバッグなどが標準で備わっている。


「走りを楽しみたい!イタ車を楽しみたい!」という
気持ちに十分に応えてくれる
究極のお手軽マシンかもしれないなぁ~。



みなさんちゃんと応援してね!!
白スパちゃん&ディーノ君を、1日1回「ポチッ!」と押してね♪
みなさんのチカラを貸してちょうだいな♪ぜひぜひあなたの貴重な一票を・・・♪


トップページへGO!
20090502_1.jpg
「史上最速・最強の911」

『2009年式 ポルシェ GT2 (997)』
3.6リッター 水平対向6気筒ツインターボエンジン
390kW(530PS)/6,500rpm
全長×全幅×全高=4470×1850×1285mm
ホイールベース=2350mm
車重=1480kg  駆動方式=RR
3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き
(530ps/6500rpm、69.3kgm/2200-4500rpm) 価格=2642万円


今日は久々の
『勝手にインプレッション』です。
このインプレッションは雑誌に載っているようなことを
書いてもしょうがないので、愛の目線から感じたことだけを
適当に書いております。(笑)


とりあえず、自宅から試乗に出発しました。
フェラーリ599は暖機をよ~くしないと、エンストしてしまうけど、
これは、そんなに意識して暖気する必要も無く、
エンジン掛けてから、あっという間に走り出せる。さすがポルシェ。

20090502_2.jpg
この上の写真、かなり緊張状態です。
赤信号やめて欲しい感じ。(汗)
なんて言うのかなぁ~。。。

ん・・・クラッチの繋がるタイミングが掴めないって言うか、
繋がる場所が、まだ僅かしか無いって言うか。。。

ポルシェでエンストじゃ恥ずかしいので走り出し要注意。。。(笑)
20090502_3.jpg
まずは室内に関してだけど、
3本スポークのステアリングに、球型のシフトノブ。
感触としてはどちらも握りやすい。
アルカンタラというバックスキンみたいな素材が多く使われている。
ステアリングのリム、シフトレバー、サイドブレーキグリップ、
シフトブーツ、シートの一部分、ドア内側など。


メーターは350km、8000回転まで。

ダッシュボードの中央には
中央にデジタル表示、そしてアナログの
両方の表示機能をもったストップウォッチが付いている。


エアコンももちろん付いています。
オーディオとナビは純正のもの。
クラリオン製で、BOSEのサウンドシステム付き。
助手席側ダッシュボードからはドリンクホルダーも出てくる結構な快適性。
スタビリティコントロール、トラクションコントロールなどの
ON/OFFスイッチ
もインパネについています。
20090502_4.jpg
ペダルはアルファとかから比べると、間隔が少し狭いかも。
少し幅広のナイキのレディーススニーカー23.5cmを履いてこの状態。
コレはドライビングシューズが適しているかも。
ちなみに996ターボSよりクラッチペダルは重い。。。
20090502_5.jpg
シートはサポート性の高いバケットシート
残念ながら昼寝は出来ないけれど、
リアの荷物を簡単に取り出せるように前には倒れます

手動による前後調節機能は付いています。
側胸部保護用のエアバッグ付き。
基本的にはレザー仕上げで、
ダークグレーのナチュラルレザーと、
シート中央はアルカンタラが使用されています。
裏側はグラスファイバー強化プラスチック製のコアを
カーボン素材で包み込んだ設計になっているそうです。

20090502_8.jpg
リアはこんな感じ。
カーペットが一面に張られていて、
容量205リッターの収納スペースが確保されています。

人が乗れないこともなけれど、
まぁちょっと高級な荷物置きです。


書くことが沢山あって長くなってしまったので
とりあえず、今日はここまで。


*明日、ダムサンデーフェスティバルに参加される方へ
折りたたみイスなんか1つ持ってくると快適ですよ~。



みなさんちゃんと応援してね!!
白スパちゃん&ディーノ君を、1日1回「ポチッ!」と押してね♪
みなさんのチカラを貸してちょうだいな♪ぜひぜひあなたの貴重な一票を・・・♪


トップページへGO!
20080420_1.jpg
『勝手にインプレッション』のコーナー。

今日のお相手は、
『ポルシェ カイエン ターボ』。

ポルシェのSUV
北米のSUV人気に応えて登場したらしく、
発売当初、ポルシェでは初のフル5シーター/5ドアボディということで
話題になったクルマ。
20080420_2.jpg
全長×全幅×全高=4,800mm×1,950mm×1,700mm
乗車定員=5人
エンジン形式=V型8気筒(4バルブ)ツインターボ
排気量=4510cc
最高出力:331kW(450ps)/6000rpm
最大トルク:620Nm/2250-4750rpm

基本骨格、駆動システムなどはフォルクスワーゲンのトゥアレグ
共同開発ということで構造をシェアしているけど、まったくの別物。
ポルシェ色が滲み出ています。
20080420_3.jpg20080420_4.jpg
今までに、996ターボ、996ターボSに乗ってみたけど、
大人数で乗れるポルシェはこれが初めて。
っていうか、SUV自体運転したことが無かったかな・・・。(笑)
ボディがかなり大きいので、ちょっと大変そうだけど、意外と運転しやすい。
あまりの視界の良さにちょっとビックリ!(笑)
しかも6速ATってことにビックリ。


アクセルを踏むと軽く噴け上がる感じは何とも言えない。
加速している間、身体が仰け反る感じでちょっと怖い。。。
数時間乗っただけで、結構気疲れする(笑)。
100km/hまで5.6秒で加速するファミリーカーかぁ~。
ものすごく静かで乗り心地は高級セダンみたいでした。



←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪
20080307_1.jpg
今日は一人でドライブに行ってきました。

お相手はこちらのモンスターマシン。
『フェラーリ599 GTB フィオラノ』。

このクルマは「575M マラネロ」の後継にあたる
V12ベルリネッタの最新モデル。
6リッターV12エンジンは、「エンツォ」を除けば、
フェラーリ史上最強といえるクルマ。
デザインはピニンファリーナ。気になる価格は3045万円なり。


最高出力:620ps/7600rpm、最大トルク:62.0kg-m/5600rpm、
リッターあたり103psという高出力も、
同排気量の量産型NAエンジンとしては最高レベル。
最高速は330km/hをマークし、
停止状態から時速100キロに達するまでの時間はわずか3.7秒。

20080307_2.jpg
トランスミッションは従来の6速MTと
575Mに搭載されている6速セミATである
「F1マチック」よりもギアチェンジの時間が短縮された
新世代の6速セミATである『F1スーパーファスト』。


やっぱアルファのセレとはワケが違う!(笑)
一瞬にしてギアが変わるのを体験しました。
20080307_3.jpg
桐生市内を1時間ほどドライブしたけど、
大通りを走るだけで精一杯。。(笑)
とにかく車幅が広すぎて、怖い。。。
全快に踏むのも怖い。。


とにかく緊張しっぱなしの
一人ドライブでした♪(汗)



←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪
20071120_1.jpg

久々に『勝手にインプレッション』
コーナーです♪
今回もクルマです。

今日の車は、
『メルセデスベンツ E320
CDI アバンギャルド』


主役は『CDI』
(コモンレール・ダイレクト・インジェクション)
20071120_2.jpg


何も考えずに、ただ乗っていたら
このクルマがディーゼルエンジンだとは
まず気づかないであろう。

昔のディーゼル車のイメージだと、
大きな音や振動、黒い煙モクモクって感じだけど、
そんなのは一切感じられない。


見た目はガソリン車とほぼ変わらない。
あえて言えばトランクリッドのエンブレムぐらいかな。

でも実際に走ってみると色々なことが分かりました。

ディーゼル車とは思えないほどの
スムーズな加速力と力強さには正直驚きました。
それもそのはず、最高出力224ps/4000r.p.m.、
最大トルク52.1kg-m/1600~2400r.p.m.の、
3.0ℓ V6DOHCディーゼル・ターボ・エンジンを搭載している。
トランスミッションは7速AT。

これは5.0ℓクラスのガソリン車並みの加速性能と優れた静粛性、
2.0ℓクラスのガソリン車並みの経済性があり、
おまけに高い環境性能も持ち、低燃費。


ただ少々気になるのが、『音と振動』
やっぱりガソリン車に慣れているからかもしれないけど、
いくら静かであると言っても、ディーゼルの音がする。
走っていると何となく足元から
振動が伝わってくるような気がしました。

気にならない程度ではありますが、
やはり気になる。。。
音楽を聴きながら運転していれば本当に気にならない程度だけど。

そして価格。
Eクラス・セダンの価格として車体価格840万円ってのは
どうなのか。。
ガソリン車よりディーゼル車の方が高いってのは、
どうなのか。。
ん・・・愛には判りかねます。。(笑)
ディーゼル車は軽油だから、後々安く済むってのはあるけど、
この値段のクルマに乗っている人に「安く済む」ってな
考えはあるんだろうか。。。
でも維持費が安く済むってのは魅力の1つなんだろうなぁ。
ホント良く分からない。(笑)

スタンドに給油しに行ったときの、
店員さんの反応は面白かった。
『こちらへどうぞ~!!』。
まさに案内された場所はハイオクの場所。
「いえいえ、これ軽油なんだけど。」
『は~っ??』(驚)

いやぁ~なんとも変な感じでした。(笑)
そこは大きなスタンドで店員の人数も8人ぐらいいる。
給油中、みなさん仕事しながら、こちらをチラチラ。
だって隣りで給油しているのは軽トラだもん!(笑)
「あの人、間違ってんじゃないの~」みたいな顔してました(爆)。

タンクが80ℓで満タンにしたとすると、
ガソリンとディーゼルの差額は・・・
¥2480(11月20日現在)。
月2回の給油で¥5000浮くってことかぁ。
年間にして¥60000は結構デカイかも。。

まぁそんなこんなで、試乗していると
うちのE320が帰ってきました♪


←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪
20071014_1.jpg
今回の「勝手にインプレッション」は、
クルマです♪


先日の筑波サーキットで見つけた1台です。
葉巻型のフォーミュラ・マシーン。


『Cooper T75 Alfaromeo』
20071014_2.jpg20071014_3.jpg
1965年にクーパー・カーズが製作した
F2マシーン。

20071014_4.jpg20071014_5.jpg
クーパーのデザイナーである
リチャード・マドドックの設計で8台が製造され、
そのうちの2台が、
エンジンとギアボックス・レスの状態で
「アルフ・フランシス」に対して
デリバリーされた。

20071014_6.jpg20071014_7.jpg
↑ワイドスパンのサスペンション・アームは
T75の特徴だそうです。
エグゾースト・パイプは見ていて
吸い込まれそうな程、美しい。


アルファユニットを搭載した
『Ecurie Alfn Francis』
(エキュリー・アルフ・フランシス)世界に2台しかない。
エンジンだけは3機あって、2機は日本に存在する。
この1台の他に、オーストラリアに一台ある。
20071014_8.jpg20071014_9.jpg
1965年、1966年には、
ヨーロッパFormula2選手権で出走している。

今回もオーナーさん、関係者の方にお願いして、
お話を聞きながら、この素晴らしいクルマに
乗せていただけることになりました。
20071014_10.jpg20071014_11.jpg
ん・・・乗った感じはカプセルに入った気分♪
っていうか、バスタブみたいって言った方が分かりやすいかな。
20071014_12.jpg
まず「寝そべって乗る」っていうことと、
座ってみると「コックピットの中が温かい」

コックピット内の両側には前後を結ぶパイプがあって、
その中をエンジンオイルと冷却水が通っている。
サーキットを走った後だったので、温かかったのだ。


いくつものフォーミュラカーがありましたが、
愛にとってこの1台は特別な存在でした。




←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪
startmac

『勝手にインプレッション♪』のコーナー第5弾!
今回はクルマではありません。(^―^)
20071009_1.jpg
白スパ内でビデオカメラや、iPodの充電、
ノートパソコンの充電をする用にGETした
超軽量小型のインバーター。

ダッシュボード内に入れておいても邪魔になりません。
20071009_2.jpg20071009_3.jpg
iPodの超極小高感度FMトランスミッター『Air-B』に引続き、
同じPROTEK社が発売したばかりの新製品
『インフライト カーインバーター』です。

いやぁ~これはスグレモノ♪
AC電源とUSB電源が付いていて、
最大100Wまでの家電製品が使えます。

100W以内なら同時に使うことも可能!!

名前の通り、クルマの中だけでなく、
「Inflight」=「飛行機内、機内」でも
電子機器が使えちゃう
着脱式『Wソケット方式』(↓写真)になっています。
20071009_4.jpg20071009_5.jpg
今回は残念ながら旅行に行く機会もなく、
飛行機内で使ってみることは出来ませんでしたが、
ファースト・ビジネスに乗る際にはぜひ使ってみたい1品。
11時間も飛行機に乗ると、iPodの充電も必要だしね♪

今回は毎月第1日曜日に行っているツーリング先の
『ダムサンデー@草木』で使用してみました。

20071009_6.jpg20071009_7.jpg
使用してみる機器は薄型軽量の持ち運びに便利で
9月末までモニターをやっていた「MacBook」を使用。

20071009_8.jpg20071009_9.jpg
ツーリング中に車内で使用している「iPod」も持参!
「USBケーブルはiPod付属の物」を使用。
FMトランスミッターを使用してドライブしているため、
減ったバッテリーを途中で充電してみました。


ケーブルを接続してMacBookの電源ON!
iPodの充電も!!
快適に使用することが出来ました。


今、デジタルビデオカメラが故障で入院中なのですが、
ダムサンデーでは長時間ビデオ撮影をするため、
バッテリーが途中で消耗しきってしまいます。
そんな時コレがあれば、途中で充電できるしねっ♪


過負荷、過電圧、オーバーヒートの場合には
回路が遮断される保護回路も内蔵しているので安心です。

★★★★★です。
備えあればうれいなし!!
クルマ用品でオススメの1品です。


《ACインバーター 仕様》
入力:DC12V±2V
出力:AC100V±10V
定格容量:100W
出力波形:擬似正弦波
内蔵ヒューズ:15A
本体外寸:W43×D70×H38
重量:約238g
ケーブル長:60cm

《USB 仕様》
入力:DC12V±2V
出力:DC5V±5%

《梱包内容》
・インバーター本体
・クルマ用ソケット(外すと飛行機内で使用可)
・保証書

[AC]
ノートパソコン、デジカメ、ハンディクリーナー などの
100W以内の家電製品
[USB]
携帯電話、iPod、W-ZERO3、携帯ゲーム機 など
USB充電が可能な機器

*一部の外国車によっては、
シガーソケットの形状により使用できない場合があるようです。
愛の白スパは、それに当てはまっていましたが、
車用品量販店などで売っている
4連ソケットを付けていた為、それを使用しました。
普通に使えます♪



←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪
20070913_1.jpg

先日のダムサンデーに参加されていた
ある国産旧車。。。


『TOYOTA 2000GT 前期型』です。
20070913_2.jpg20070913_9.jpg
今回オーナーさんの許可を得て、
乗り込むことが出来ました♪

20070913_3.jpg20070913_4.jpg

20070913_5.jpg20070913_6.jpg
オーナーさんのご好意により、
ヘッドライトをパカッ♪

20070913_7.jpg20070913_8.jpg

カッコ良すぎます。。。(*/∇\*)

←愛のブログを見てくれた人は
毎日ココをポチッ!と押してちょうだいナ♪

あなたは何人目のお客様?

現在と過去のクルマ達 ♪

20071031_11.jpg 20071031_11.jpg 20090321_11.jpg

Alfa Sound


Alfa Sound I
~compiled and mixed by Toshio Matsuura Featuring 8C Competizione~

Alfa Romeoのエッセンスを'Life Style'に!
7. La Esquina (Nickodemus Remix)
11. Yemaya
12. Summer Fields
13. Groovy Samba
14. Rej
どれも凄くいい曲ばかりだけど、 愛はこの5曲がとってもお気に入り♪

クラシックカーフェスティバル


ccf_annai2008_1.jpg

Blog Rankingに参戦中!

ブログランキングに参戦しています!(*/∇\*)

最近は2位~3位をいったり来たり(汗)
みなさんのチカラを貸してちょうだいな♪

もし良かったら、↑のバナーを
1日1回「ポチッ!」と押して、
ぜひぜひあなたの貴重な一票を・・・♪

☆毎日受付中☆

愛的アルファスパイダー 写真館

アナタの街の天気予報

Multilingual Version

過去のブログも見てみてね!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

愛的アルファブログ内検索

愛的月別アーカイブ

愛的カテゴリー

愛的RSSフィード

その他

ただ今の閲覧者数は・・・

現在の閲覧者数:
無料カウンター

| ホーム | 次ページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。